不動産投資とは

不動産投資とは、資産運用の一つで、土地や建物を活用して、収入を得ることにお金をかけるです。具体的には、有料駐車場やアパート経営などです。資金に少し余裕があるけれど、定期預金にしても、金利が低いし、かといって、株は難しそうだし、リスクが少ないものは何かないかと考えたとき、不動産なら、うまくいかなくても資産が残ると考える人は少なくないはずです。以前は、土地を持っている人が行っているイメージでしたが、最近は、ニーズに答えて、サラリーマンでも購入できるような投資物件を取り扱う会社が多くあります。不動産の購入のために借り入れをしても、家賃収入などで相殺され、借入金の返済が終われば、収入がすべて利益です、というのがウリです。借り入れがなければ、最初から、収入なのですが、一部のお金持ちにしかできないことです。また、不動産を持つと、取得税や、固定資産税が発生します。不動産所得の申告も必要です。税金の仕組みを把握しなければなりません。斡旋会社が、必要な事務についてのサポートサービスも提供しています。特徴として、投資金額が大きい(頭金として、数百万円)ことと、いったん、始めると止めるのが大変(借り入れ金が千万円単位)ということが言えます。火災など、災害で、借入金のみが残るといったことにならないよう保険も考えなければなりません。しっかり、学習して納得したうえで、開始しましょう。軌道に乗れば、次の世代に引き継げる財産になります。

そこまで入念な準備、学習をしたうえで、不動産投資から得られる利回りはやっと年間5~10%です(自身の人件費を考えず)。そう考えるとカードローンのような借り入れで年利10数%を支払うということがどれだけ高い金利かわかるでしょう。参考:カードローン
投資の世界は、本当にシビアです。取り組むのであれば素人考えでなく、本当に努力を厭わず学ぶ姿勢が大切です。